成田山新勝寺 納め札お焚き上げ 柴灯大護摩供の開催!

更新日:2018年12月12日
公開日:2018年12月12日

<2018年12月28日(金)10時20分~成田山新勝寺 大本堂西側広場にて>

 

この1年間に成田山へ納められた御護摩札や御守などをお焚き上げしてご利益に感謝する「納め札お焚き上げ 柴灯大護摩供(さいとうおおごまく)」が、今年最後のご縁日で「納め不動」にあたる12月28日(金)に行われます。澄み渡る空へと燃え上がる炎は迫力満点。また、当日も護摩木の申し込みが可能とのこと。ぜひこの機会にお不動さまへ感謝の祈りを捧げ、清らかな気持ちで新年を迎えてはみてはいかがでしょう。

 

「納め札お焚き上げ 柴灯大護摩供え」の概要

 

【開催日時】

 2018年12月28日(金)10時20分~

【開催場所】

 成田山新勝寺 大本堂西側広場

 (成田市成田1)

【お問い合わせ】

 成田山新勝寺

 TEL 0476-22-2111(8時~16時)

 HP https://naritasan.or.jp/

「納め札お焚き上げ 柴灯大護摩供」の内容

 

柴灯大護摩供(さいとうおおごまく)とは、古来、山伏が修行の際、柴(しば)を使い護摩壇を設け、所願成就を祈念する伝統行事です。皆さまのお願い事とお名前を書いた護摩木を道場中央に設けた護摩壇の炉に投じ、お不動さまの知恵の炎によって清浄な願いごととして所願成就を祈念します。

 

当日は約20名の山伏姿の僧侶によって、斧の作法(護摩壇を作る)、法弓の作法(清浄な道場を作る)、宝剣の作法(天地一切の悪を払う)、洒水(本尊・行者・信徒を清める)という儀式が行われたあと、厳かな読経のなか納め札が焚き上げられます。

 

お願い事とお名前を書いて所願成就を祈念する護摩木は、当日のお申し込みも可能です。また、お手持ちの鞄や大切なものを御護摩の炎にかざしてお不動さまのご利益をいただく「御火加持」も行われます。

 

「納め札お焚き上げ 柴灯大護摩供」への来場方法

 

【電車の場合】

 JR成田線成田駅・京成電鉄京成成田駅から徒歩約15分。

 

【お車の場合】

 東関東自動車道成田ICから約4km。

 ※駐車場あり

○成田山弘恵会駐車場(800円)

○成田市第三駐車場(入庫3時間まで60分100円)

 成田山新勝寺まで徒歩7~8分

○成田市第二駐車場(入庫3時間まで60分100円)

 成田山新勝寺まで徒歩7~8分

 

みなさまもご自宅や会社などに古い御護摩札がある場合は、お持ちになりお不動さまへ感謝の祈りを捧げてみてはいかがでしょう。1年の締めくくりとして。また、新たな年を迎える準備として。成田山の「納め札お焚き上げ 柴灯大護摩供」に行かれてみることをオススメめします。

PAGETOP