キナリカフェ|成田市一坪田の雑木林と畑に囲まれた生成り色の一軒家カフェ

更新日:2018年9月21日
公開日:2018年3月15日

自然の恵みを存分に味わえるキナリカフェ

のんびりと過ごす週末・・・少し遅いランチを、と市の中心部から車で30分ほどの「キナリカフェ」に行ってきました。

国道51号線沿いを香取方面へ進んでいくと、案内標識が見えてきます。

キナリカフェ|国道51号線での目印に

51号線を右折してから3分ほど・・・きなり色の家が見えてきます。

キナリカフェ|きなり色のキナリカフェ

柔らかなこの色が、のどかな風景に優しく溶け込んでいます。

季節の旬を意識したキナリカフェの手作りメニュー

オーナー夫妻の笑顔に迎えられ、キッチン近くの広いテーブル席に着席。
さっそくメニューを開きます。

キナリカフェ|手作りメニュー(ドリンク)

コーヒーカップのイラストはオーナーの奥さまの考案。
カフェのシンボルマークになっています。

四季折々の旬の食材を生かしたフードやドリンクメニューが豊富で、自然の恵みを存分に味わえます。
期間限定のドリンクの変更など、その都度メニューは更新されます。
4月下旬には、いちごのスムージーがはじまる予定です。

キナリカフェ|手作りメニュー(フード)

メニュー内にはキナリカフェからのメッセージも載っています。
ぜひご覧ください。

キナリカフェ|手作りメニュー(カフェからのメッセージ)

今回は、「本日のプレート」のパスタを注文しました。
パスタソースの種類(トマト、クリームなど)や、好みの加減を細かく聞いてくれます。
わたしはトマトベースで、甘みのあるソースをお願いしました。きめ細やかで温かな心遣いを感じます。

どんな味のパスタが来るのだろう、とワクワクしながら待つ間、
カフェ内をゆったりと見て回りました。

キナリカフェ店内外の雰囲気

テーブル席

キナリカフェ|テーブル席①

ソファ席

キナリカフェ|ソファ席

ディスプレイされている手作り小物、アクセサリーなどは13人の作家さんたちによるもの。その愛らしいひと品を手に取ると、作り手の優しさが伝わってきます。

キナリカフェ|手作り雑貨

カフェの外のテラス席

1年前からカフェの外に設けられたテラス席。
目の前にあるミモザはお店のシンボルツリーでもあります。

キナリカフェ|

再度着席すると、ちょうどパスタのプレートが運ばれてきました。
色あざやかなプレートから、トマトソースの甘い香りが漂ってきます。

キナリカフェ「本日のプレート」のパスタほか

「本日のプレート」パスタ

キナリカフェ|本日のパスタプレート

グリーンに添えてある人参はシャキシャキしてほんのり甘酸っぱく、ゴボウは柔らかでコクがありました。

パスタは深みのある甘さのトマトソースが、香ばしく炒められたベーコンやほうれん草とうまく絡み合っていて、今のわたしの「食べたい!」にぴったりでした。

お子さまプリンアラモード

キナリカフェ|お子さまプリンアラモード

デザートに選んだのは、金、土曜日だけの限定「プリン」
大人でもOKという「お子さまプリンアラモード」(500円)を注文。

プリンアラモードのデコレーションには、地元産のいちごがたくさん。
スプーンに見立てたクッキーには「KINARI」の文字。
カップ型のチョコレートも手作りで、食べてしまうのがもったいなくてなかなか口に運べませんでした。

カフェラテ

キナリカフェ|

添えの飲み物にはカフェラテ(450円)を。

両手で包み込むような形のコーヒーカップ。
ラテアートはうさぎ。

キッチンの中のお二人

キナリカフェ|オーナーご夫妻

スイーツを準備している奥さまと、豆を挽いてカフェラテをいれるご主人。
温かな空間に、珈琲の香りが立ち込めていました。

キナリカフェの総評

ふわりとしたきなり色に包まれて…優しい気持ちになれる空間。

ランチ時間よりもかなり遅い時間にお邪魔したにも関わらず、パスタプレートやプリンアラモードなど、わたしの「食べたい!」に笑顔で応えてくださったご夫妻…
本当に、ありがとうございました。
ごちそうさまでした…

キナリカフェのイベント

キナリカフェ|きなりの日ようび

キナリカフェでは、今月、初のイベントを予定しています。
「キナリの日ようび」
2018年3月25日(日) 開催です。
ぜひ足をお運びください。

※駐車場 あり

kinari café +(キナリカフェ)

営業時間
10:30-17:30
料金(平均予算)
定休日
日曜日・不定休あり (ブログやインスタグラム、TELにてご確認ください)
電話番号
0476-36-8810
所在地
千葉県成田市一坪田395-1
千葉県成田市一坪田395-1

PAGETOP